閉じる

SEARCH ITEMS

フリーワード

シリーズで選ぶ
植物で選ぶ
関連グッズ
用途で選ぶ
サイズで選ぶ
価格で選ぶ
DICTIONARY
アガベ・笹の雪

アガベ・笹の雪

科 名
リュウゼツラン科
属 名
アガベ属
学 名
Agave victoriae-reginae
原産地
中央アメリカ、北アメリカ南部、南アメリカ北部
草 丈
10cm〜2m
開花期
7月〜8月(数十年に一度)
花言葉
『気高い貴婦人』
  • 花が咲く

    花が咲く

  • 常緑

    常緑

アイコンについての詳細はこちらをご確認ください。

アガベ・笹の雪とは

アガベの仲間は、南アフリカ大陸、アメリカ南部、メキシコなど乾燥した場所に自生しています。
笹の雪は、先端に鋭いトゲがある葉を、花のようにロゼット状につける植物です。
大型のものは古くから観葉植物や庭園植物として取り扱われ、小型のものはインテリアとしても人気があります。
成長が遅く開花までに時間がかかるため、センチュリープラントと呼ばれ、数十年に一度、花茎を伸ばして花を咲かせます。
花が咲くとその株自体は枯れてしまいますが、脇に生えた子株で残す事が可能です。
暑さや寒さに強く丈夫なので初心者にも育て易い植物です。

日当たり・置き場所 半日陰の、風通しのよい場所で育てます。
多くの種類は低温にも強いですが、低温にやや弱い種類も一部あるので、
冬は軒下など霜の当たらない場所か、日当たりの良い室内に置き、
4月になったら徐々に屋外へ移します。
水やり・肥料 水やり
成長期の春から秋は土が乾いたらたっぷりと与えます。
冬は水やりを控え、乾燥状態を保ちます。
目安としては1ヶ月〜1ヶ月半に1回程度です。

肥料
基本的に肥料は必要ありません。
市販のサボテン、多肉植物用の培養土に含まれている元肥で十分でしょう。
心配な場合は、春から秋の生育期に、緩効性化成肥料を規定量施しましょう。
土作り 水はけの良い土が適しています。
市販のサボテン、多肉植物用の培養土でも可能です。
病害虫 秋から冬にかけて、葉に褐色の小さな斑点を生じるさび病が発生することがあります。
発生したら発症部位を消毒したハサミやナイフで切除します。
植え替え・株分け 植え替え
2〜3年に一度植え替えをしましょう。
適正時期は3月〜5月。
多肉植物は1週間ほど水を断ってから植え替えをする必要がありますので、
鉢の中の土が完全に乾ききった頃行いましょう。
とげが刺さらないよう手袋などを使い鉢から丁寧に取り出します。
古い土を落とし腐った根を切りましょう。根が傷つかないように丁寧に扱って下さい。
その後、新しい鉢に新しい土で植え替えます。
植え替えてすぐ水やりは控え、一週間程度経過してから水やりをします。

株分け
「挿し木」と「葉ざし」で増やす事ができます。
アガベは開花に10年以上かかりますが、開花後は枯れてしまいますので、
開花する前に株分けし殖やしていきましょう。

「挿し木」
脇からでている子株(こかぶ)と呼ばれる小さな茎を切り取り育てます。
挿し木の適期は4月〜5月。
子株を斜めに切り取り、子株を風通しのよい場所に置きます。
※カットする場合は刃物をきちんと消毒してから使いましょう。
2〜3週間切り口を乾燥させた後、新しい鉢へ新しい土で植え付けます。
植えつけてすぐ水やりは控え、一週間程度経過してから水やりをします。

「葉ざし」
葉を株元から取り外します。
取る時は葉をしっかり持ち、左右に動かして丁寧にとりましょう。
乾いた用土の上に取り外した葉を仰向けで並べます。
葉から子株か根が生えてくるまで風通しの良い場所で管理します。
子株か、根が生えてきたら植えつけましょう。
植えつけてすぐ水やりは控え、一週間程度経過してから水やりをします。
植物図鑑
Plant dictionary
OPEN A BOOK

植物の基本知識がわかる図鑑