閉じる

SEARCH ITEMS

フリーワード

シリーズで選ぶ
植物で選ぶ
関連グッズ
用途で選ぶ
サイズで選ぶ
価格で選ぶ
DICTIONARY
ユーフォルビア パキポディオイデス

ユーフォルビア パキポディオイデス

科 名
トウダイグサ科
属 名
ユーフォルビア属
学 名
Euphorbia pachypodioides
原産地
マダガスカル
草 丈
〜40cm
花言葉
『ひかえめ』『地味』『明るく照らして』
  • 花が咲く

    花が咲く

  • 常緑

    常緑

アイコンについての詳細はこちらをご確認ください。

ユーフォルビア パキポディオイデスとは

ユーフォルビア属は約2000種を含んで全世界に分布しますが、そのなかで多肉植物として分類されるのは500~1000種程度です。
独特な姿をした希少珍種、マダガスカルが原産のユーフォルビア パキポディオイデス。
成長するとたかさ40cmほどまでに育つこともあります。
小さい株の頃は赤紫色をしていますが、成長すると木質の肌になります。
また、ユニークな株姿だけでなく非常に美しい花を咲かせるのも特徴です。

(注意:毒があります。)
根や茎、葉を傷つけると白い乳液を出し、これに触るとかぶれることがあります。

日当たり・置き場所 一年を通して直射日光の当たる、風通しのよい場所で管理します。
日光はユーフォルビア パキポディオイデスを育てる上で大変重要です。
できるだけ長時間日光に当たる場所で管理しましょう。
冬は日のよく当たる雨や雪のかからない、風通しの良い場所で管理します。
水やり・肥料 成長期である夏は用土が乾いてからたっぷりと水やりをします。
葉が落ち始めた事から徐々に量と回数を減らし、晩秋から春までは断水気味にします。
ただし、根張りが弱いため、長時間断水すると枯れてしまうことがあります。
休眠期の冬でも月に一回程度、土を湿らす程度水やりしましょう。
肥料は、成長期の夏に微量元素が不足しない程度にごく薄めた液肥を与えます。
用土に発行した有機質や援交性肥料を少量混ぜても良いです。
土作り 水はけの良い土が適しています。水はけが悪いと根が腐って枯れてしまいます。
市販のサボテン、多肉植物用の培養土でもよいでしょう。
病害虫 水はけと風通しが悪く蒸れてくると病気になりやすくなります。
さび病やうどんこ病が発生しやすくなります。
日当たりや風通しが悪いと害虫のカイガラムシが付きやすくなります。
もし付いてしまったら、歯ブラシなどを使い取り除きその後殺虫剤の散布を行います。
植え替え・株分け 植え替え、挿し木の適期は春と秋
3月〜5月、10月中旬くらいまで。

2~3年ごとに古い用土を落として植え替えをしましょう。
古い根や傷んだ根はきれいなカッターナイフで取り除きます。
※白い液体に触れないように注意しましょう。切り口を洗い流してください。
新しい土の入った一回り大きな鉢に植えます。
一ヶ月ほどで発根します。

ユーフォルビアは切ると乳白色の液が出て乾くと硬く固まって発根しづらくなります。
切り口の液を洗い流し、液がついていないのを確認してから挿し木しましょう。
このとき切り口から液がとまらない場合は水にしばらくつけておくと良いです。
植物図鑑
Plant dictionary
OPEN A BOOK

植物の基本知識がわかる図鑑